別れ

2010.02.06 Saturday

0


    修業時代の父 昭和29年頃


    去る1月30日、父が享年79歳で亡くなりました。郷里の北茨城を出て母のいた鶴見のせんべい屋で修行、その後独立、初めは、孝道山のふもとあたりに小さな店を出し、石川の”川”と母恵美子の”美”をとって、川美せんべいと名付けました。私が生まれる頃、六角橋に移り以後50数年地元のみなさんに可愛がって頂きました。人一倍働き、人一倍遊んだ、人でした。残された私たち、まだまだ未熟者でございます。今後とも変わらぬご厚情賜りたくよろしくお願い申し上げます。
    コメント
    コメントする